作曲家 指揮者 ウィリアム・ゴッドフリーWilliam Godfree

ウィリアム・ゴッドフリーはロンドンに生まれ、ギルドホール音楽演劇学校でピアノと作曲を学ぶ。

オックスフォードでの勉強を終えた後、1976年に教師として働き始め現在リプホックにあるハイヒールド学校の音楽主任である。

彼はチッケンハムからハッスルメアまで、英国南東部で聖歌隊を指導し、それと同時に数年間、ドルテック・サマースクール聖歌隊の指揮をとった。

教鞭をとっていないときは、作曲家として活動していた。テレビ、劇場、コンサートホールのための音楽を手がけた。彼のフォリア・ヴァリエーションはオルガニストのクリストファー・へリックに依頼されたものだった。これらのヴァリエーションは1985年にニューベリー・フェスティバルで最高と評価され、ラジオ・スリーで放送された。彼のレクイエムはロンドン、パリ、ノルウェーなどで今も歌い続けられている。

ウィリアム・ゴッドフリーのミュージカルナンバー、ワイルド=ウェスト・リワーキング・オブ・ザ・テンペストは1994年に公開され、つい最近再演された。

また、他にもミュージカル舞台の音楽や、子供のためのカンタータ、学校管弦楽団のための3つの組曲、BBCのドラマシリーズドン・カミロの小さな世界の音楽なども手がけた。語り手と管弦楽のための曲、アラジンと魔法のランプはサザン・オーケストラ・コンサート・ソサエティの依頼で作られた。これは2002年春に初演を迎えた。昨年秋にはオペラと聖歌の交響曲が封切られ、それぞれ2週間続いた。

気晴らしに彼はアドホックトリオと演奏したり、ハンプシャーMPミシェル・メイツとともにナイトクラブでパフォーマンスを開くいている。

指揮コース

 

指揮クラス

2005年ウィリアム・ゴドフィー指導LMFLサマーアカデミー指揮クラスは以下の2クラスで成っている:

レベル1

指揮の経験のない初心者のための入門クラス。コンダクティングの基礎的な技術を学ぶ。

レベル2

Programme 2009