ヴィタルバモスカ

 

メゾーソプラノ歌手のヴィタルバモスカはパラーモのティアトロマシーモにあるil Centro di Avviamento al Teatro Lirico でピアノと声楽で学位をとりました。彼女は19歳の時にヴィトリオリーチーのドンパーリンプリンの国際初公演でデビューしました。後に彼女はそこでバイロン/シューマンのマンフレッドを俳優カメロベネーと、又、G..マリピエロのLa favola del figlio cambiatoでも共演しました。

1982年にリーチーのバチスティニコンペティシオンとミラノのAS.LI.CO.の勝者として、パーゴレチのオペラ、フラミニオ、をベニスのビエナーレムージカに参加するよう招待されました。彼女はミラノのTeatro alla Scala(ラスカラ座)の若人芸術家プログラムで勉強を終えましたが、彼女はそこでとても重要なメゾーソプラ歌手、ジュリエタシミアナトのもとで勉強しました。1988年、彼女はフィラデルフィアのパヴァロチオペラコンペティシオンのファイナリストでした。彼女は声楽をマリオアンチオネチー教授にも習いました。

モスカ女史はフロレンスで、“芸術歌曲の解釈”のテーマでマスター学位を授かりました。

 

モスカ女史の経歴はイタリー中の劇場に広くわたっています。列挙すると;ナポリのサンカーロの(ブリテンのルクレジアの強姦, マスカニーのカヴァレリア ルシカーナ、ロッシーニのラペチーソレネーレ、ローマのテアトロデルオペラでヘンデルのジュリアスシーザ、ジェノアのカーロフエリィチェでのベェルディーのリゴレット、ラスカラ座でのワグナーのタンホイザー、ルチアニーのタルゴー、フロレンスのチーアトロコムナーレ でのオフェンバックのラカンゾネディフォルツニイオ。その他 指揮者、P.ベルージ、R.チェイリー、G.クーン、D.オーレン,. N.サンチ、D.ナザーレ、R.ガンドルフィ、G.フェローの下でソロイストとして出演しました。

彼女は数々の国際音楽祭に出演しました。その中で、マーリアの国際音楽祭でモーツァルトのノゼフィガロのチェルビーノを歌い、モルテプルチアノのイルカンティエでは、シマロザのマツリアニオセグレトでフィダルマになり、ベィリーニのソナンブラの全版の中のマーチーナフランカのFestival della Valle d’Istria, 及び、レオナルドレオのAmor vuol sofferenzaの初めてのモダン初公演で歌いました。モスカの演奏ツアはアイダ、ナブコ、リゴレット、マジックフルート、とカルメンをドイツ、オーストリア、スイス、オランダ、とベルギーで行いました。

1996年にベニスのオラトリオ.マルゲリタでJ..バッハの聖マシュウの情熱でデビュし、それから後に、ベートベンの第九をベルリンフィルハーモニックの演奏で歌いました。同じ年にバーナでベルディのフォルスタフでバーンワイケルと出演し、メグを演じました。1997年に、彼女はサンジミナノの音楽祭に参加し、G.ベルディのメサディレクイムに出演しました。1998年に彼女は同じ音楽祭に参加し、マーラーのキンダトッテンリーダーとリーダーアイネスファレンデンゲゼーレン、リゴレット、及び、ロシーニのペティメセソレネーレに出演しました。199年に彼女はメデサノでロマノガンドルフィの指揮のもと、アイーダのアムネリスを演じました。

2000年の演奏では、ベルディのフォルスタフ、及び、マエストロ グスタフクーンの指揮のもとで、ワグナーのオペラ(ゴータダメルングのワルトロテ)をアールのティオラーフェスティピールで歌いました。2001年の前半にモスカはベルディのメサディレクイエムの様々の公演に参加し、その中では、ペキンでのティトロデルオペラのコーラスとオペラでの公演も含まれています。そして、再びオスロのブカレストラジオ (Radio of Bucarest ) で、マエストロ ネロサンティの指揮の下、オーケストラとフィルハーモニックのコーラスとで演奏、その他、マルコバルデリの指揮の下、テューリンのティアトロレジオで演奏しました。

 

2002年には、モスカはアヴェンチェ音楽祭でロシーニのグーグリエモテル(Wilhelm Tell)の素晴らしいエドウィグ(Edwige)を演じました。又、同じ年に、ドレスデンフィルハーモニックの初公演で、ネロサンティの指揮の下、ドレスデンでベルディのトーヴァトーレのアズセナを見事に演じました。モスカ女史はアービンケージのコーチの下、種々のコンサートに幅広く出演しました。彼女の録音は:デカのリゴレット(パバロティ、ヌーチ共演);ヌオボエラのアモフォルソフォレンザとラソナンブラ;キコクラシックラベルの未出版のボッケリーニとグロリア(フィオレエンザセドリン共演)。

現在、モスカ教授はボロナの“ジオバニバチスタマーティニ”州立音楽学院の声楽科の教授団の一員です。