ステファンヨハネスリーコフ チェロ奏者 

Stephan Johannes Riekhoff  cellist

 

1953年、ドイツのプロチンゲン/シュトットガルトで生まれたステファンは、幼少の頃から家庭内で音楽をつくることに幸せを見つけました。

彼の音楽の才能は10歳の時に認められ、彼は、自分のホームタウンのマーバーグにあるジムナーゼ(Gymnase)とカマーオーケスター(Kammerorchester)の二つのオーケストラの第一チェロ奏者としてに招待されました。

彼は13歳と15歳の時にブンデスヴッツヴェブ(Bundeswettbewerb)での“ユーゲンミュジエットコンペティション(Jugend usiziert Competition参加し、一等賞を二つの部門, チェロ奏者とピアノとの三重奏、で獲得しました。

彼は更にデトモルドのアンドレーナヴァラとフライバ-グのクリストフヘンケ教授のもで勉強しました。

彼は、ピエーフォーニア、ヤノススターカー、アレキザンダスタイン、ワーナートーマス-ミフネ等の助言者に多く習いました。

23歳の時、ポールアンゲラーの指揮のもとにチェトロ奏者のリーダーとして、ズードヴェストドイチェカマーオーケスタフォーツハイム (SÜdwestdeutsches Kammerorchester Pforzheim}と演奏しました。二年後、ラファエルクーベリックにシンフォニオーケストラバイエシェンルンドフンク(Symphonieorchester des Bayerischen Rundefunks に参加するよう招待されて、彼はそこに6年間滞在しました。

彼の人生はこの時代の優れた芸術家に会うことにより啓蒙されました。中でも、レオナルドバーンスタインとの出会いは彼の人生に大きな影響を与えました。その他に、ミスチスラヴロストポーヴィッチ、ジウリニ、セリベダッシュ、小沢、ムーチーがいます。この人達から彼の演奏と教えることに対する情熱を育みました。

1984年にスイスのジュネーブ‘OSR,  スイスロマンデオーケストラ (Suisse Romande Orchestraの第一チェロ奏者になりました。

彼は更に、ミュンヘンのバッハコレジウムでズードヴェストドイチェカマーオオーケスタフォーツハイム(Südwestdeutsches Kammerorchester Pforzheim及び、他のオーケストラとも演奏しました。彼はその他に、室内音楽グループ、特に、兄弟のピアニスト、レオンハードリーコフと共に演奏しました。

彼の音楽とチェロに対する哲学は:

 

1.   自分で楽しくなるように演奏すること。

2.   自由に表現し聴ける様になるには、易しく弾ける様にならなければなりません。

 

教えるためには:

 

        呼吸と歌うための即興技法;体のバランスを保ち、楽器と一体になり、楽器を強く握りしめないこと;しなやかに弾き、体の肝心な所にエネルギーを集中させる;同時に、幾つかのレベルを先に、又、同時に考えられるように頭を訓練することが第一のキーです;その上、それぞれのステップが面白いゲームのように易しくなる様に努める。

 

短的に彼の哲学は:あなたの楽器はあなたの一生の親友です。