レティジア・モレリの代わりに

サラ・コールマン ジャズ、フォーク、

ボーカル、ジャズワークショップ

 

サラ コールマン 5歳でピアノを習い始め、バーミンガム音楽大学で音楽を学び始める前の10代で歌を書き始めました。サラ BBC ラジオ2 “Sold on Songという番組のソングライターコンテストでは最終選考まで残りました。彼女の優れた才能は今、皆の前に新しく輝こうとしています。チェルトナム ジャズフェスティバルにおいては、新星コンサートでジャーウッド・シリーズに選ばれたエリートグループの一人でした。2006年にはバーミンガム ジャズ賞の初回開催で賞を受けた一人でもあります。

サラ コールマンはバーミンガム音楽大学を卒業していますが、自分なりのジャズをバックグラウンドとしたブルース、ジャズそしてソウルをブレンドした演奏で、シンガー・ソングライターそしてピアニストとして、彼女は英国音楽界でその名を築きあげました。

ボーカリストとしての技術も高く、優しい感性の豊かな、しかも権威ある存在感を持つサラ コールマン高く評価されたデビューのソロアルバム「Spellbound」のリリースから大きな成功を収めています。 彼女のパーフォーマンスはジャズ ファンク、ブルースのエレメントが注ぎこまれた、スリリングなライブであり、ロンドンのRonnie Scott's およびQueen Elizabeth Hallでは売り切れの盛況でした。

'サラ コールマンのすばらしい声と彼女の高度に音楽的なジャズスタンダードの演奏は感動を与えます。

1999年にサラは彼女のデビューソロアルバムである 'Spellbound' を発売し、そのプロモーションとして行われたロンドンのRonnie Scott's Queen Elizabeth Hall でのパーフォーマンスは売り切れの盛況でした。

彼女のデビューソロアルバム、「Spellbound」はオリジナル曲であり、彼女の作詞/作曲、アレンジをする技術は高く、 Black Voicesなどのアーティストから委託を受ける様にもなりました。

またサラ はイタリアのポップセンセーションであるCessare Cremoniniのアルバム「Maggese」のバックボーカリストを務めています。

サラ は他のアーティストのために作曲やアレンジもします。しかしパーフォーマンスすることが何よりも好きです。

 

サラ Liane Carroll および Jacqui Dankworthとトリオで「The Passionで歌っています。 彼らのアルバムはQnote レコードから7月に再リリースされます。

 

今年、サラ はすでに新しいソロアルバムを完成しており、choral pieceの委託仕事も完成しました。これはEden Project6月に演奏され、さらに英国の新しいジャズスターである Graham Dee.の新しいアルバムもプロデユースしました。

 

サラ 2008年のチェルトナム・ジャズフェスティバルに出演し、ジャズアコーディオン奏者、Karen Streetの近日に予定されているアルバムでもゲスト出演します。

 

サラ はバーミンガム音楽大学でコンテンポラリーボーカルスタイルを教えて、Montgomerey/Holloway ジャズサマースクールでも教えています。

 

新しいアルバムの材料の幾つかは

www.myspace.com/saracolman で見つけることができます。

 

 

Ú