Rustem Kudoyarov アノ マスタークラス

サマーコースにおける第三回目のマスタークラス:

1970年に生まれる。Rustem Koudoiarovは88年にKazan State音楽院の特別クラス、93年にKazan State音楽院(N.A. Fomina教授のクラス)を卒業する。

93年から96年にかけてはMoscow State音楽院に移り、N. A. Petrov教授の指導下更なる研究を続ける。

現在までにKudoiarovはロシア、ウクライナ、ドイツ、スペイン、ギリシャ、南アフリカの諸国で演奏活動を行う。

主に室内音楽を中心に、様々なアンサンブルの一員としての活躍を続けている。

Tatarstan共和国のthe State Symphonic OrchestraBelgorod Philharmonic Orchestra, the “Primavera” Chamber Orchestra, Symphonic Orchestra of Valencia 等の交響楽団と共にピアノ交響曲を演奏したのを始め、“Pianoforum” Kazan)、 “Schostakovichtage” Berlin)等の音楽祭に参加している

Kudoiarovの演奏はTatarstan共和国のテレビ局の協力により国内一般に放映され、モスクワ音楽院にも彼のレコーディングが収録されている。

現在の所、Kudoiarovthe Concert- Philharmonic Union “Mosconcert”と共に演奏活動を行っている.

また、チャイコフスキー音楽院モスクワにて教鞭を振るっている。

業績:

the Kabalevsky Competition for young pianists優勝 (1984)

the International Piano Competition in JaenSpain)入賞 (1995)

the International Piano Competition “Jose Iturbi”, ValenciaSpain)優勝 (1996)

the International Piano Competition “Konzerteum”Greece)優勝 (1996)

 the All-Russia piano competitionSafonovを偲んで)優勝 (1997).

back (日本語ページに戻る)