Maestro Matthias Dulack  マチアス・デゥラク指揮者の指揮クラス

マチアス・デゥラク指揮者の指揮クラス

 

オランダ生まれ、マッチアス・デゥラクは指揮者になった前に、チェリストとピアニストとして音楽が始まった。

ウィーンの高等音楽院で指揮科を勉強していた。オトマール・スウィトナー(Otmar Suitner)とセルジュ・チェリビダッケ(Sergiu Celibidache)とフランコ・フェラーラ(Franco Ferrara)の学生であった。

マチアス・デゥラクはヨーロッパ室内管弦楽団(Chamber Orchestra of Europe)の創立者である。

1986年の国際トスカニーニ指揮大会のファイナリストであった。ヨーロッパ室内管弦楽団でファストチェリストで腕を磨き、ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan)やレナード・バーンスタイン(Leonard Bernstein)やゲオルク・ショルティ(Sir George Solti)やロリン・マゼール(Lorin Maazel)やクラウディオ・アバド(Claudio Abbado)の指揮で演奏した。

1990年ごろ、まだ形成期のデゥラクは有名なクランフォルンウィーン合奏団Klangforum Wien ensembleの創立を協力して、指揮していた。そして、クリーヴランド管弦楽団(The Cleveland Orchestra)の指揮者、クリストフ・フォン・ドホナーニ(Christoph von Dohnanyi)のアシスタント指揮者に任じられた。その後、デゥラクは例えばフランクフルト(Frankfurt)とダルムシュタット(Darmstadt)とアーヘン(Aachen)幾つ歌劇場の演出を指揮していた。彼が係った歌劇版のアルノルト・シェーンベルク(Arnold Schönberg)の「月に憑かれたピエロ(Pierrot Lunaire)」はザルツブルク音楽祭に大成功であった。ニューヨークで繰り返した。

1999年から2002年まで、デゥラクはブダペスト室内交響楽団の楽長となった。外にも、彼はウィーン室内管弦楽団(Wiener KammerOrchester)とウィーンプロアルテオーケストラ(Vienna Pro Arte Orchestra)とハンガリー放送管弦楽団とライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(Gewandhausorchester Leipzig)とソフィヤフィルハーモニー管弦楽団(Sophia Phiharmonic)とバーゼル交響楽団(Sinfonieorchester Basel)の指揮者を担当したことがある。ギドン・マルクソヴィチ・クレーメルのロッケンホス音楽祭(Gidon Kremer's Lockenhaus Festival)に出演したことがある。2008年9月のオープニング演奏会でモンペリエ・ナショナル管弦楽団指揮して、ボルスラップ(Borstlap)の巧緻なワーグナーのスケッチで見事なプレミアを演奏した。

2009年にマチアス・デゥラクは文化と持ち歌を深く研究したくて、研究休暇を取っていた。そして、文化イベントのため、ハンガリーにある田舎を開発していた。2011年から、彼は再び演奏とオペラの道を続ける。

1999年と2004年の間にLMLF夏コースで指揮の授業を教えた。そのコースは、今また始まる。

LMFL夏コースでデゥラクの元学生

指揮コース

マチアス・デゥラクが担当するLMLF夏アカデミーの指揮コースは二つのレベルがある:

レベル1

指揮経験のない初心者に向きコースである。このコースでは基本的な指揮技を勉強できる。このレベルの学生は最終演出をしない。

2012年のレベル2プログラム

指揮に経験がある上級者に向きコースである。2012年のプログラムを勉強する。持ち歌を用意しなければならない。学生はオーケストラと指揮の練習チャンスがある。中には、コースの終わりの演奏に出演させる。

各オーケストラワークショップの後、生徒と交流時間がある。