芸術監督 ヴァイオリニスト ジーン・ボルサレロ

1951年生まれ。14歳でトゥーロン国立音楽院のバイオリン部門で優勝。1968年の6月にパリ国立高等音楽学院に入学、そこで開かれたコンクールのヴァイオリン部門で優勝する。

その後、青少年のためのコンクールで優秀賞を受賞。

1982年に、ヴァイオリン指導免許状を賞として受け取る。

ピエール・ニリニ、ネル・ゴツコフスキー、ヘンリー・ゼーリング、マックス・ロスタル(ベルン)に師事。

1978~86年にリムジン地方管弦楽団、1980年以降はバーナード・トマス管弦楽団の第一ヴァイオリンをつとめる。

現在ヴェルサイユ室内管弦楽団及び、パリ・オペラ座リリク管弦楽団の団員。

ボルサレロ弦楽三重奏のリーダーであり、フランス国内外(日本、ニューカレドニア、オーストラリア、マレーシア、ドイツ、2001年にアメリカ)で演奏している。

CDを多数製作。

2002年春には、再びアメリカに招聘された。ボルサレロ三重奏はケベックや合衆国でのツアーを計画しており、2005年には中国にも赴く予定である。

ジーン・ボルサレロは音楽学院の永久職員である。

生まれながらの教師である彼は、日本やフレイン・サマー・アカデミーで翻訳の授業も受け持っている。

2004年の秋から現在まで、二人の兄弟・フレデリック及びジャック・ボルサレロとともにCNR of Versaillesで教鞭をとっている。

才能あふれる彼の、豊かで温かく、寛大な性格は、彼の音楽同様絵画にも多大な影響を及ぼしている。

またかれは6児の父であり(上から25、23、21、17、15、12歳)、すべて音楽家である。

彼の絵画をみる