打楽器奏者 チェン・ジムバリスタ 

マスター・クラス 研修室 1対1の指導

 

イスラエル生まれのチェン・ジムバリスタは自然の力として5歳の頃から音楽に浸ってきました。12以上の国からの40もの打楽器をこなして来たジムバリスタは世界音楽流儀の中から数々の作品を披露し、その上に幾つかの国際コンクールの勝者のジムバリスタは、グローバルなコンサートに出演しています。

 

チェン・ジムバリスタの40以上の楽器から奏でるリズムに溢れた音色で世界中のファンを魅了してきました。彼は、光のような手の速さで,ある時には同時に奏でます。彼のパルスとビートの快い調音は類をみません。彼のプログラムはクラシック、ブルース、ジャズ、たまにはロックからのレパトリから構成され観客の音感を満喫させます。

チェンは5歳の時にある結婚式できいたドラマーに魅了され、テレビーで技法を身につけました。彼の先生には、イスラエル・フィルハーモニックのボア、ニューヨーク・フィルハモニッのモリス・ラング、及び、コペンハーゲンのベント・リロフがいます。

彼は数々の国際コンクールの勝者です。その中でも、フランソワ・シャピイラ賞が上げられます。彼はその他に、ケネディ・センターで、デトロイト・シンフォニー、イスラエル・フィルハーモニック・シンフォニア、ブラジエラ・アンカラ・シンフォニー、シュレスヴィック・ホールシュタイン音楽祭、及び、イスタンブール音楽祭などに出演しています。

彼のCDのデザトビートはコック・ヂスカバリで出版され、マリンバとピアノのための曲はジンバ・サウンドから出版されています。

20022003年の間、チェンはアッシドッド・オーケストラの音楽監督、又、2004年にワイツマン協会の芸術とサイエンス監督を務めました。その他、毎年行われる、国際弦楽器音楽祭のATM,TAMの芸術監督です。

チェンはM.ワイゼンバーグ、B.ナガーリ、M.ハガティ、S.グロニック、B.ユスポフ、ゴルドシュミット・ハルフォンの作品を神秘的、偶然性と任命し、彼は自分の名前を東ヨーロッパのシンバロン奏者にたどっています。

 

ジムバリスタ研修室では、傾聴者をボディー・バーカッション、手叩き、歌いに、作曲に直面させ、お互いに習い、支持するグループの中で自分のカリズマ的才能と音楽才能を見つけさせます。

 

チェンの研修室では何歳でも、又、どんな職業欲求でも受け入れます。誰でもドラムを叩き、自分のグループを指揮又は、指導出来ます。リズムの円の中に加わったり、又は、打楽器グループを指揮することで、違う方面も体験し、新しい経験を得ることができます。

 

ジンバリスタのマスター・クラスでは、ソロと室内音楽演奏に焦点をおきます。このマスター・クラスではあらゆる楽器の奏者のためにクラスが行われています。打楽器、マリンバに焦点をおき、そこで四つのマレート、ダンベック、ディジェンビ、及びタンバリンを使います。観客は後者の楽器で中東ドラム演奏を習います。その中には専門家の説明、及び、図解があります。クラスの中で観客は、一部の研修室で、実際に演奏することが出来ます。

チェムはワイゼンバーグの曲のように、自分のために特に書かれた曲を演奏し、又、バッハ、ピアツオラ、ロサウロ、及び他の曲も演奏します。

 

 

 

 

 

 

 

打楽器演奏者の為にチェン・ジンバリスタからのメッセージ

 

チェン・ジンバリスタ バッハをアフリカで

 

ジンバリスタとザチ パティッシュ

 

 

レヴィタの打楽器とオーケストラのためのコンチェルト、 パートI