アレキサンダマーコブ

クラッシック及びロックヴァイオリン教室

アレキサンダマーコブはモスコーで生まれ

コンサートヴァイオリン演奏家の父親のアルバート

マーコブ氏にヴァイオリンを習いました。八歳になる

頃には既に、ソロ演奏家としてオーケストラと演奏を

し、ダブルコンチェルトを父と演奏していました。マ

ーコブはアメリカに移民し、1982 年に市民権を獲得

しました

国際的に有名になったヴァイオリン奏者のマーコブは

現在、世界で最も優れた音楽家の一人として評価され

ています。メニュインは彼に就いて彼は疑なく最

も優れた音楽的なヴァイオリン奏者で――マーコブ

は現在の音楽愛好家の中、又は、音楽史上に記される

でしょうと絶賛しました

パガニーニ国際ヴァイオリンコンクールの金メダル獲得者

マーコブ氏はソロ演奏家として、世界で最も名声

のあるオーケストラと演奏してきました。その中

でも、フィラデルフィア交響楽団、BBCシンフ

ォニー、モントリオールシンフォニー、ほどんど

モーツァルト音楽祭交響楽団、ブダペスト音楽祭

交響楽団、デトロイト交響楽団と共演しています

彼は、ニーミイジャービ、クリストフエッシェ

ンバック、及びイヴァンフィッシャ等の名高い指

揮者と演奏してきました。マーコブはコンサート

を、名声のある、マアウゲリッヒとも演奏しき

ました

マーコブ氏は、19 世紀の巨匠のレパートリを持つ第一人者です。彼の、歴史的

映画監督のブルノモンセンジョンの監督で,ヴァイオリンソロのためのパガニ

ーニの24カプリースのCD はセンセイションを巻き起こしました。そのお陰で

エラト・ワーナーの五つCDもだしました。彼は、パガニーニの24カプリース

全部を一回のレサイタルで演奏する、世界でも少ないヴァイオリン奏者の一人で

す。その他、彼は、ブルノモンセンジョンの監の下、世界的定評のある、偉

大なヴァイオリン奏者のためのヴァイオリンの芸術に出演しています

2006年にワーナは待望のパガニーニの24カプリースのCD を出し、アマゾ

ンのCDベストセラーリストに載りました。カプリースの多くはユーチュブにフ

 

ァンにより掲載され、その中のクリップスは何百、何千のヒット曲になっていま

す。

アレキザンダー・マーコブの音楽の旅は彼をクラッシク・ヴァイオリン奏者の

域を超えています。彼のために6線電気ギターをデサインした、ジェームズ・

V・ロビンソンと共同で、ロックコンチェルトをマーコブは創作しました。

この新しい特許楽器は世界に一つしかなく、独特な音を出し、幅広い音量範囲が

あり、柔らかく、甘い、強力な偉大な音を出します。(マーコブはそれを、マ

シャルアンプを使っ演奏しています)。

ロックコンチェルトは新形態の叙事詩でマーコブが彼の新しい電気ヴァイオ

リンで彼のロックバンド、交響楽団、及びコ=ラスとで共演しています。彼のロ

ックバンドは最も名声のある音楽家達で形成されておりロックバンド演奏

の切符は数週間前から売り切れの状態です。マーコブの視野には、クラッシクと

ロック観衆の橋渡があり、沢山の若い、それがなければシンフォニーには行かな

かった観客を魅了しています

彼は、名声のあるエーブリ・フィッシャ生涯のグラントを1987年に貰い、彼

は、カーネギホールでニューヨークデビューをしました